竹内結子
橋本愛
和楽器バンド
成田凌さんと観るドキドキ上映会開催決定!
Blu-ray DVD 発売記念 コメント到着
残穢ノート
大島てる監修 汚れ診断
スピンオフ作品 「鬼談百景」GYAOにて無料配信中!
鬼談百景

奇妙な「音」の謎は、その部屋の「過去」につながる。
大島てるコラム

小野不由美 X 中村義洋 奇跡の<初>映画化!

「手元に本を置いておくことすら怖い」―第26回山本周五郎賞受賞の際、選考会でそんな感想が漏れたという小野不由美の傑作小説『残穢』。
「十二国記」シリーズ、『屍鬼』など熱狂的ファンをもつベストセラー作家の小野が、
「一生で一度しか使えないアイディア」を用いたというこの小説が、満を持して映画化される。小野作品の映画化はこれが初めて。
 監督には、近年『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』などのヒット作が記憶に新しいミステリーの名手=中村義洋。
 大ヒットOVA『ほんとにあった! 呪いのビデオ』や 『絶対恐怖Booth ブース』などの恐怖演出でも知られる。
 小野が、それらの作品の熱狂的ファンだったことで奇跡の映画化が叶った。

 小野自身を彷彿とさせる主人公「私」には、人気実力派女優=竹内結子。想像を絶する謎に挑む知的な役どころを、圧倒的な存在感で演じる。
「私」の相棒となり、共に事件の真相を探る女子大生・久保さんには、神秘的な魅力を放つ女優=橋本愛。
 好奇心と恐怖の狭間で揺れる様子をリアリティたっぷりに演じきる。初共演となる2人が、人間の業が渦巻く息詰まる物語を動かしてゆく。
 他に、「私」と同業の作家仲間=平岡に佐々木蔵之介、筋金入りの心霊マニア=三澤に坂口健太郎、
「私」の夫でミステリー小説家の直人に滝藤賢一と、個性あふれる豪華な面々が集結した。

 小説家である「私」(竹内結子)のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛)という読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。
 すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。
 彼らはなぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。

「私」と久保さんは、作家の平岡芳明(佐々木蔵之介)、心霊マニアの青年・三澤徹夫(坂口健太郎)、
 そして「私」の夫・直人(滝藤賢一)らの協力を得て、ついに数十年の時を経た、壮大なる戦慄の真相に辿り着く。
 だがそれは、新たなる事件の序章に過ぎなかった―。
 すべての事件をつなぐ【穢れ】の正体とは?予定調和を許さない驚愕のラストまで、目が離せない。

竹内結子 as「私」(小説家)

原作者を彷彿とさせる、小説家。半年前から怪談雑誌に連載を持ち、読者から募集した奇妙な体験談をもとに短編を発表している。久保さんの投稿で、奇妙な「音」の謎に迫る。夫・直人とともに、新居に引っ越す予定。

橋本愛 as「久保さん」(大学生)

都内の大学で建築デザインを学ぶ女子大生。ミステリー研究会の部長を務める。郊外の街にある築10年、5階建ての賃貸マンション「岡谷マンション202号室」に住む。「今住んでいる部屋に、何かがいるような気がする」と怪談雑誌の連載を持つ「私」に手紙を投稿。

佐々木蔵之介 as「平岡芳明」(作家)

「私」の同業者。編集者との打合せ中に、「赤ん坊が床から湧いて出る」というエピソードに耳を留め、興味本位で調査に同行する。オシャレで陽気なキャラクターがシリアスな物語の進行のアクセントとなっている。

坂口健太郎 as「三澤徹夫」(心霊マニア)

福岡県出身の会社員で、筋金入りの心霊マニア。謎のルーツが北九州にあるのではないかと知った「私」と久保さんが、手がかりを求めて相談をする。

滝藤賢一 as「直人」(ミステリー小説家)

小説家「私」の夫であり、同業者でミステリーやホラーが専門の小説家だが「私」以上の心霊現象否定論者。「よかった、終の棲家が決まって。」と新築の新居への引っ越しを喜んでいたのだが…

監督  中村義洋

映画監督、脚本家。1970年生まれ、茨城県出身。成城大学卒業。大学在学中に撮った短編「五月雨厨房」が、ぴあフィルムフェスティバル93にて準グランプリ受賞。卒業後は崔洋一、伊丹十三らの助監督として撮影現場に参加。99年、自主制作映画『ローカルニュース』でデビュー。『仄暗い水の底から』(01)、『刑務所の中』(02)、『クイール』(04)等の脚本を手掛け、監督作として07年、『アヒルと鴨のコインロッカー』を発表、有望な若手監督に贈られる「新藤兼人賞」で金賞を受賞。このほか、主な監督作に『チーム・バチスタの栄光』『ジャージの二人』(共に08)、『フィッシュストーリー』『ジェネラル・ルージュの凱旋』(共に09)、『ゴールデンスランバー』『ちょんまげぷりん』(共に10)、『映画 怪物くん』(11)、『ポテチ』(12)、『みなさん、さようなら』『奇跡のリンゴ』(共に13)、『白ゆき姫殺人事件』(14)、『予告犯』(15)などがある。16年には初の本格時代劇『殿、利息でござる!』が公開予定。精力的に意欲作を発表するヒットメーカーであり、今、最も注目されるクリエイターの一人である。

中村義洋監督

昔は直球で「怖がらせる」ということに照れがあったのかもしれません。
でも、とても背後を気にせずには読めない小野さんの原作を受けて、今回は真っ向勝負、全力でお客さんを怖がらせようと思いました。
脚本を、超絶怖がりの竹内結子さんが、読み始めては挫折するというのを数週間繰り返したこと、
そしてそんな結子さんと橋本愛ちゃんの美し過ぎる2ショットをモニターで観て、すでにこの映画の成功を確信しています。
こんな美しい二人があんな目に遭うなんて…… お楽しみに!

原作・小野不由美

「映画化したいですね」と編集さんに言われたとき、「中村監督ならねー」と夢物語で応じたら、なんと実現してしまいました。
 それも嬉しいけど、中村監督が久々にホラーに戻って来られたのがさらに嬉しい。幸せです。

これは、ホラーなのか? ミステリーなのか?新たなエンターテインメントの誕生!
著名作家から続々と寄せられる声